ダンスをやれば全て解決できる【気持ちも体も】

こんにちは。

ダンススクールリアンです。

2020年もあと2ヶ月ですね。

今年はコロナ一色ですね。大阪の方は都構想というのもありましたが、暮らしが変わるきっかけになったのは「with コロナ」だと思います。

暮らしが変わっただけでなく、精神的にも肉体的にも変化せざる得なかった方がほとんどなのではないでしょうか。

そんな変化。もし違和感がある場合は

ダンスをやれば心身ともに前向きになり、全て解決します。

まずコロナ関連で一気に注目されました健康に関して。

コロナで重症になりやすい方は糖尿、肥満などの基礎疾患のある方。もしくは高齢者と言われております。

リソースとして、こちらの東京大学保健センターのページをご覧ください。

すなわち、健康こそ最大の薬。と言っても過言ではないと私は考えます。

ダンスは有酸素運動である。

有酸素運動を20分以上継続すると、脂肪が燃焼する。

ダイエットに良い。といった情報はポピュラーになっていると思います。

その他心肺機能の強化があげられます。

血液に大量の酸素を送り込む為に心臓と肺の機能が強化されます。

心肺機能の強化のメリット

たくさんありますが。。。

まずは

・スポーツだけでなく、普段の通勤や移動で持久力アップ

・体力がついた実感があり、疲れにくくなる

・酸素を末端まで送り込むので、熱量があがり冷え性改善

ざっとあげただけで、コロナへの抵抗力だけでなく、普段の生活にすごく役立ちそうではないですか?

ダンスは筋肉もつくんです

このブログを読んでいるあなた。

普段運動をしていますか?運動していたとして、ダンス経験はありますか。

腕を上げる。膝を曲げる。姿勢を伸ばす。

激しいダンスをしなくても、普段使わない。そして筋トレなどをしていても鍛えきれない部位を使い、今までにない筋肉がつくでしょう。

筋肉がつく事によるメリットとは?

精神的な面で言いますと、前向きになる。(セロトニン 、ドーパミン)などの脳のポジティブになれる物質がよく出ます。

こちらは色々な専門的な内容を改定あるブログがたくさんありますのでそちらに任せましょう!

「筋トレ、メリット」などでお調べください。

ダンスをする、リズム運動をするメリット

・リズムにのり運動をするとセロトニン が出て前向きになる

・この手をこう動かす。この足をこう動かす。と体の部位を意識するようになり、「今」を感じて、脳がストレスを忘れさせる。

・鏡を見て踊るので「自分を客観視」できるので、考える力が深まる。

・こうなりたい。という気持ちから「計画性」が養える。

上記4つは運動する。だけでは得られない効果を書き出しました。

学生に取ってのダンスは健康だけでなく「地頭の良さを鍛える」ことにもつながります。

社会人に取ってはストレス発散や健康だけでなく、最近言われております「俯瞰して自分を見る」「経営者脳になる」といった効果が得られます。

2020年、そして2021年は世の中が変わったからこそ、自分自身の生活や中身。外見も変わるチャンスです。

ダンスをぜひ楽しんで下さい!

ページトップへ