ダンスのジャンル種類一覧と特徴①

初心者向けダンススクール「リアン」です。

リアンでは、ダンス初心者✖️大人の皆様が楽しく踊れるようになる環境を作っております。

 

京都・四条・河原町・新京極・祇園の方は、是非一度遊びに来てみてください♪

 

さて今回は「ダンスのジャンル種類一覧と特徴①」というタイトルでお届けします。種類豊富ですので、シリーズものでお届けします★

 

2012年よりダンスは、中学校体育の必修化となりました。

ダンスは、今や身近なもの!

でも、ダンスにはいろいろジャンルがあるのをご存知でしょうか?

ここでは、おすすめのダンス10種類をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ダンスの起源とは?

今では、ストリートダンスやジャズダンスなどがメジャーとして人気がありますが、ダンスには、バレエや日本舞踊なども含まれます。

ダンスの起源は、日本は日本舞踊。

海外では国によって異なりますが、バレエはダンスの歴史の中では、とても古くルネッサンス期のイタリアで、貴族の間で余興として踊られていたと言われているのです。

ジャズダンスは、黒人の苦しみや差別などを越えて訴えるために踊られていたのが起源で、古代ギリシャでは、教育のためにダンスを取り入れていました。

ダンスのジャンル10種類の特徴

ヒップホップダンス(HIPHOP)

ヒップホップダンスは、ヒップホップの曲に合わせて踊り、さまざまなダンスジャンルの中で最もポピュラーなジャンルです。

1970年代にアメリカのニューヨークで誕生しました。

ヒップはかっこいい、ホップは飛躍するという意味で、黒人の創造性文化を大切にし、黒人の弾ける文化という意味も込められています。

アップとダウンのリズムが基本で、大きく身体を使って動き、いろいろなステップがありますがルールは特になく、いろいろなダンスの要素が取り入れられているのです。

ヒップホップダンスは、時代によって常に変化をしていて、新しい動きやスタイルが生まれ続けて現在でも進化し続けています。

ソウルダンス(SOUL DANCE)

ソウルダンスは、1950年から1960年代にかけて、ソウルミュージックにのせて踊るダンスで、その時代の総称して呼ばれています。

明確にソウルダンスと決めることは難しいのですが、ストリートダンスの基本とも言われているのです。

突飛したダンススキルが必要とされているわけではなく、音楽にのって楽しむことが大切にされているダンスといえます。

ブレイクダンス・ブレイキン(BREAKIN)

ブレイクダンスは、現在最も人口の多いジャンルと言われていて、知名度の高いジャンルです。

ダンスバトルが始められたダンスでもあり、映画「フラッシュダンス」の一部で映し出されたブレイクダンスのシーンで世界に広まりました。

ブレイクダンスには、エントリー・フットワーク・パワームーブ・フリーズの4つの要素があります。

片手をついたり、頭で回転するヘッドスピンや背中で回るウインドミルなど派手な大技が特徴的です。

ダンスのジャンル種類一覧と特徴まとめ

いかがでしたでしょうか?

ダンスといってもたくさんのジャンルの種類があります。

また、時代によってさまざまなダンススタイルが生まれてきて、いろいろなダンスの組み合わせによって、たくさんのダンススタイルが生まれているのです。

ぜひ、いろいろなダンスに挑戦してみてください。

ページトップへ